金剛山のクリンソウ

青崩道をセト〜カトラの予定だったが、駐車場から青崩まで下るのが面倒になって久し振りに太尾道を歩いてみたくなった。ナルコユリの蕾を見たがカメラを出すのも面倒なのでパス。するとすぐにフタリシズカ。ここでカメラを取りだす。こうなると、悔やむのはナルコユリ。ひと手間惜しむと後悔する。特に地図を出すのが面倒でカンを頼って道を外れた時。いやいや、人生数えきれないくらいのひと手間惜しんだ後悔をしてきている。失敗を教訓としない凡人はいつまでたっても凡人のままである。
さて、駐車場からだと大日岳に着くのとセトに着くのとほぼ同時間。ならば駐車場からカトラまでは本日のルートが私の知ってる限りでは最短コース。大日岳からユキザサを見て、まだまだ咲き残っているヤマブキソウの群生地を下る。ついでだからヤマシャクヤクも。結実して面影無し。谷をまたいでニリンソウのお花畑。ほとんど姿を消しかけている。花が終わったら緑の絨毯、と、想像していたが、これからグリーンシーズンだというのに早くも地上部は枯れてしまうとは思いもよらなかった。



さらに下って枝谷に入るとクリンソウ畑。おおっ、満開だ。というか、クリンソウは全段同時に咲き誇ることはないみたいでこの五分咲き程度が満開状態ではなかろうか。下段から始まって上段まで花期は長そうである。ま、よくは知らない。そのままタカハタ道に上がって、山頂で一服。お昼ご飯に間に合うようにさっさと帰ろう。



コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする