烏帽子形城址

自然林に覆われた烏帽子形山は烏帽子形公園として遊歩道が整備されている。すべて隈無く回るには1時間以上はかかるだろう。この時期は落葉を踏みしめて漫ろ歩きするには恰好の場所で、古墳広場と本丸跡からの展望もよく、遊具広場からは岩湧山も望める。烏帽子形城は大楠公の楠木七城のひとつだとかで、その後も江戸開幕頃までは南河内で重要な位置を占めていたらしい。



コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする