蜻蛉が飛び舞う大和葛城山

涼しいうちにさっと出かけてお昼までにさっさと帰ってこようと、岩湧山、金剛山、大和葛城山と迷った挙句に展望デッキの誘惑が勝った大和葛城山へ。鎖場を過ぎて見つけたイワタバコ、まだ薄暗かったのもあってピンボケ。ま、見られただけでもヨシとしよう。中間地点にあるベンチで最近お気に入りのよ〜く冷やしたフルーツゼリー。ここはいい風の通り道。



山頂からの展望は素晴らしいの一言。ここから見られる所はすべて見渡せたんじゃないかと思うくらいに見通しはいい。足下に目を転じて山頂台地をウロウロしてナンバンギセルを探してみたけど、目に付くのはカワラナデシコばかり。そこそこの知識と執着がないとおいそれとは見つけられないようだ。



さて、楽しみにしていた展望デッキで腰を落ち着けようと思ったものの、日差しが強い。ここでまったりとはいかないようだ。展望だけ楽しんで木陰のベンチに退散。ここは涼しい。しばし憩ってダイトレを下る。いつものところで吾亦紅。健気な名前が好ましい。汗が噴き出る激下りを終えて、水越峠の葛城山登山口に新しく出来ていたベンチでちょっと一服。駐車場まで戻るとほぼ満車。自宅到着は10時半。まだまだ一日は長い。



コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする