ススキ終盤の岩湧山

2014年11月15日

今日は滝畑まで送ってもらったので天見駅まで歩き通せる。滝畑周辺はまだ紅葉には少し早いが、カキザコ手前からは気持ちのいい自然林がつづく。扇山分岐のベンチで一服しよう・・・と思っていたら、団体さんで満杯。鞭打って平野まで進んで、日に輝くススキを見て立ち休み。時期が遅かったのかススキのボリュームが少ない。ま、それでもええ感じ。11時の山頂はベンチがまだ空いていたが、お昼ご飯を食べて立ち去る頃にはいっぱいで、これからまだまだ増えそうな気配。ダイトレを砥石谷分岐まで歩いて、荒れた砥石谷林道を下って天見駅。



家内は電車で帰ると言うのでにザックを託して歩きで我が家を目指す。あまりにいいお天気なので途中で延命寺に脱線。裏から入って山頂〜蓮池〜境内へと下る。延命寺は紅葉全開、夕照のもみじはあと数日で朱に染まることだろう。

延命寺の紅葉・その参

2014年11月14日

昨晩から急に冷え込んで延命寺の紅葉も一段と進み、山門前や蓮池、公園山頂付近も朱が目立つようになった。明日からの土、日曜日はぜひとも、足を運んでください。初めての方は、その美しさに感激することでしょう。ついでに、150段くらい我慢すると山頂です。

延命寺の紅葉・その弐

2014年11月11日

打ち合わせの帰り、河内長野駅で降りて河合寺、観心寺、延命寺と道草を喰う。河合寺と観心寺は少し色付き初めた程度だが、観心寺の駐車場は半分くらいは埋まっている。さて、メインディッシュの延命寺。おぉ! 想像以上の早さで境内は見頃を迎えている。鐘撞堂周辺と庭園は見事なまでの赤。しかし、夕照のもみじはまだ青い。蓮池周辺もまだまだで、これから。公園山頂付近は色付き初めてきていい雰囲気。

延命寺の紅葉・その壱

2014年11月4日

この連休はお天気が悪いのとタマネギの植え付けとお仕事が重なってどこにも行けなかった。今日は朝から青空が広がって、まだまだ早いとは思ったが久しぶりに延命寺に紅葉の具合を見に出かけてみた。おお、、山門近くの1本が見事に色付いているではありませんか。全体にはまだまだ見頃は先の話しだが、ここしばらくの散歩コースは決まりである。

錦繍の幽玄境、赤井谷

2014年10月25日

赤井谷一帯はほんみち教さんの私有地で素晴らしい自然を守ってくださっている。前日に電話を入れ快諾を得て、168を快調に走って旭橋を右折。この分では7時半頃にはスタートできそうだと思っていたら、突然路肩に停まって、相棒がまさかの車酔い。太尾登山口まではこれからが本番のカーブの連続。発電所を過ぎるとまたダウン。しばらく休憩して5,6台の車を見送って再出発。今度は数分でダウン。また何台かの車を見送る。今度は重症でしばらくは動けそうにもない。太尾登山口まで歩くと1時間半くらいの場所に居る。この時点で赤井谷は諦めて、歩いて釈迦ヶ岳ピストンを目指すから、体調が整えば後から追っかけてくれと相棒と別れて林道を歩く。この辺りの紅葉は真っ盛り。予想以上に楽しく歩くこと50分で相棒到着。体調万全ではないものの何とか行けそうとのことでとにかく太尾登山口へ予定より2時間遅れで到着である。釈迦ヶ岳へと向かうが、とにかく赤井谷まで降りて雰囲気だけでも味わって適当なところから引き戻そうかと枝尾根に入る。10分あまり下ると、登り返す手前に赤井谷への降下ポイント。最初の下りは転げ落ちそうなと思うくらいの急傾斜。これを登り返すのかと思うと気が萎える。



急傾斜を過ぎるとあとは緩やかな傾斜となり、そこは苔と自然林の織りなす癒しの森。微かな踏み跡はあるが気に入った場所を選んでほぼ涸れ沢沿いに下り、赤井谷に出合うと右岸を辿る。赤井谷に出合って休憩せずに15分ほど歩けば、見た目以上に丈夫な橋で対岸に渡る。この先は赤と水色のペンキに誘われて左岸沿いに進む。踏み跡を外れてあちらこちらへと逍遙したい衝動に駆られるが、今日はアクシデントがあって時間が許さない。こんなに広くてこんなに奇麗な空間を満喫できる幸せ、さらに紅葉まっただ中!



さて、引き返すタイムリミットは12時。赤井谷から離れて小さな沢を渡る橋のたもとで昼食休憩。まさに12時。え〜い、行っちゃえ〜。20分の大休止で慌ただしく深仙宿を目指す。すぐに傾斜はきつくなって錦繍の幽玄境ともお別れである。水色ペンキのお陰で道を迷うことなく笹を踏み分けて3年前にテント泊して以来の深仙宿。ここでコーヒータイムだが相棒はまだ体調回復せずにコーヒーとデザートはお預け。釈迦ヶ岳山頂は見送って千丈平へのトラバース。このトラバース、想像以上の登りがつづく。千丈平のテント場で小休止。あとは稜線を振り返っては釈迦ヶ岳や大日岳、深仙宿の展望を楽しみ、見下ろしては赤井谷の紅葉に思いを馳せて太尾登山口まで最後の力を振り絞る。で、思ったよりも早くに登山口。こんなことならもう少し赤井谷で遊んでいたかったなー。帰りの車の中の相棒の惨憺たる有様はご想像の通りである。

青空に恵まれた御池岳

2014年10月18日

鞍掛トンネル西口に7時半、土曜日とあってすでに7,8台の駐車。木曜日の天気予報では午前中は曇りマークだったが、よく晴れている。こういう誤算は大歓迎である。植林の急坂を上がると鞍掛峠。ここからは気持ちのいい自然林で、自然林を過ぎると展望が開け素晴らしい景色がつづく。振り返り、振り返りなかなか前に進まない。霊仙山、伊吹山、遠くに白山が薄らと見える。琵琶湖と伊勢湾も手に取るような近さである。



滑りやすそうな急斜面の先に鈴北岳。今までの展望に加えて御池岳を中心とした日本庭園のような風景が広がる。しばし展望を楽しんで庭園散策路を進む。樹林帯に入って赤テープを見落として登山道を離脱。適当に歩いてピークらしきところを目指すと御池岳山頂にひょっこりと出る。長居するようなところではないので奥の平を目指す。



霧氷シーズンに比べると山頂付近の木々は葉を落としてしまって寂しい限りだ。ボタンブチで昼飯は混み合いそうなので予定変更してまずはボタンブチ。奥の平へは少し周回してみよう。幸助池を見てボタン岩。ボタンブチに似た断崖である。あまり奥まで行くと家内のご機嫌に触るので適当なところで尾根沿いに奥の平へ向かう。それでも、かなりへそを曲げられてしまったみたいだ。お昼ごはんは前日に握ったシャケおにぎりとラーメンにゆで卵。



奥の平で360度全開の景色を堪能したので、そろそろ帰ろうか。2度目の御池岳に寄って、赤テープを見失わずに一般登山道を忠実に辿る。2度目の鈴北岳で道の駅こうらで買った手作り感満載のういろう。ういろうも景色もお天気も文句無し。

羊が眠る前の竜ヶ岳

2014年10月17日

平日はガラ空きの宇賀渓駐車場。遠足尾根に取り付く前からポツリ、ポツリと水滴が顔にかかる。空は雲に覆われてしまっている。こんな筈ではなかったのに〜と、ぼやきながら急坂を上るしかない。展望の開ける岩場まで来ると少し青空が出て、伊勢湾、竜ヶ岳山頂が見えるようになる。ホッとして小休止。



尾根に乗るとしばらく自然林の中を進むと、目の前がパッと開けて笹原が広がる稜線が見渡せる。振り返れば麓に広がる大パノラマだ。気持ちええじゃないか。遠足気分で鼻歌も交えながらの稜線漫歩である。360度広がる景色、眼前に竜ヶ岳、左右には鈴鹿の名だたる山並み。



山頂での昼飯を楽しみにしていたが、風が強すぎる。雲も多く日差しが挿したと思えばすぐに雲に隠れるを繰り返し、展望だけを楽しんで下山。シロヤシオの林の中の窪地で風を避けて、チキンラーメンと醤油めしを掻き込む。下山は金山尾根。ほとんど急坂の連続だが、少し開けた林の切株に腰掛けてコーヒータイム。デザートはたねやのドラ焼き。老朽化の進んだ魚止橋、白滝吊橋を怖々渡って竜の雫でさっぱりして、駐車場で下山届けを出して普段なら一路我が家を目指すのだが、今日は贅沢にも鈴鹿でお泊まりである。宇賀渓から1時間足らず、今宵のお宿は高取山ふれあい公園キャンプ場。

落花生

2014年10月12日

少し収穫には早いかなと思ったが、待ちきれなくて1株試しに掘り上げてみた。子房から10粒ほど、本株から20粒ほど。これ位が普通なのか、メチャ少ないのかは判断できないが、植木を引っこ抜いた跡の肥えていないところだったので少なめの収量なのだろう。ま、1回に食べる量としては充分である。もちろん、掘りたて落花生の塩ゆでが最高のビールのお伴。あと7株残っているので、しばらくは楽しめそう。

141012a01

ススキが見頃の岩湧山

2014年10月10日

今日は三連休の振替休日として、まずまずお天気も良さそうなので近場の岩湧山へゆっくりと出発する。ダム湖畔の駐車場に停めて舗装路から林道へ緩やかな登りをひたすら歩き続けると滝畑四十八滝・大滝が轟音とともに姿を現す。滝下に降りればマイナスイオンいっぱい。滝口で小休止するつもりが岩が湿って落ち着けない。南葛城山への渡渉ポイントが明るいので、乾いた岩に腰をかけて甘味たっぷりの柿を頬張る。



10分ほどさらに林道を歩くと、平野への分岐点。急坂を少し上がると連続した2本のトラロープ。オヤジは縋り付いてトラロープ様々なのだが、家内は指一つ触れずに通過。方向音痴に鈍足と悪態を吐いても、これには敵わない。へっぴり腰を笑われるだけである。さて、気を取り直して進もう。汗をダラダラ流して急坂を上ること40分あまり、右手にススキの原が見えて平野到着である。



平野からは別天地。ススキを堪能して山頂ベンチでちょうどお昼時。今日は爆弾おにぎりと春雨スープ。まったりとした午後のひと時を過ごして、滝畑へ下る。帰りに国華園に寄って鶏糞を3袋。今年は初のタマネギに挑戦である。

大きな栗の木

2014年10月8日

散歩の途中に、この時期になると指をくわえて見上げるしかない大きな栗の木がある。写真ではよく分からないが、たわわに実って大粒である。根元まで行って栗拾いすればどれほど楽しいかと思うが、辿り着くまでに茂みを掻き分け掻き分けして行かねばならない。この辺りはマムシが棲息しているので、食い気より命が大事なので未だチャレンジしたことはない。う〜ん、もったいない・・・。

141008a01

2 / 1512345...10...最後 »